国際資格 アメリカ国家資格011-81-3-4570-7277 国際資格 アメリカ国家資格www.kokusaishikaku.com 国際資格 アメリカ国家資格English Site
国際資格.com
日本人が取得できる!活かせる!「アメリカ不動産資格の専門学校」 期間限定割引中(RESP講座) 50,000円~
 
海外不動産
 

国際資格 アメリカ国家資格ホーム
アメリカ不動産資格アメリカ不動産資格
REセールスパーソンREセールスパーソン
国際資格 REセールスパーソン資格概要
国際資格 REセールスパーソン学習コース・料金
国際資格 REセールスパーソン体験談①
国際資格 REセールスパーソン体験談②
国際資格 REセールスパーソン体験談③
国際資格 REセールスパーソン体験談④
国際資格 REセールスパーソンFAQ
国際資格 不動産ブローカーREブローカー
国際資格 不動産ブローカー資格概要
国際資格 不動産ブローカー学習コース・料金
国際資格 不動産ブローカー体験談
国際資格 不動産ブローカーFAQ
国際資格 不動産鑑定士不動産鑑定士
国際資格 不動産鑑定士資格概要
国際資格 不動産鑑定士学習コース・料金
国際資格 不動産鑑定士体験談
国際資格 不動産鑑定士FAQ
国際資格 CPA会計系資格
国際資格 CPACPA
国際資格 CIACIA
国際資格 EAEA
海外不動産投資・海外留学コラムほか
海外不動産投資・海外留学国際資格の必要性
海外不動産投資・海外留学取得できる国際資格
海外不動産投資・海外留学資格取得後の就職状況
海外不動産投資・海外留学国際資格学習後体験談
海外不動産投資・海外留学日米不動産の違い
海外不動産投資・海外留学不動産投資知識
国際資格 お問合せお問合せ
国際資格 サイト管理者サイト管理者
国際資格 リンクリンク

日本人が取得できる資格日本人が取得できる資格

国際資格を取得するには:

①受験条件があるのか?
②合格後の資格取得条件はあるのか? 例えば、四大卒・実務経験(アメリカ内に限る)・Social Security Numberなど… これらは、普通の日本人にはありませんので専門校のガイダンスを受けましょう。
③資格をキープ(3年/4年ごとの更新が多い)できるのか?
④英語力は必要か? ここで英語力はあったに越したことはないのですが、専門校に通って学習すれば、英語力ではなく学習を継続できる努力なのです。 しかしながら、全く英語ができない人は、国際資格にチャレンジするのは論外です。
⑤アメリカ資格の場合では、主催者の英語ホームページをいくら見ても、それは全てアメリカ人相手の内容であって、外国人(日本人)向けでないために、最近トラブルが多くなっています。 自分勝手に解釈できないところがたくさんありますし、日本人受験生向けには、何ら但し書きや注意書きはありません。これではいくら独学で専門資格学習をしても合格もできませんし、永久に資格は取得できません。 国内では、これまで資格学習法が間違って指導され、受講生の中でも考え方の点で視野の狭くなっている人たち不合格しやすい傾向です。資格試験では選択肢が少ない人には、正解が選びにくくなっているのです。

別の表現をすれば:

どんなにかたい金属の棒でも3,000Mも積み上げれば折れるのに… なぜ?富士山は折れないのか? それは…裾野が広いからだ 資格試験で“不合格”するということは、金属の棒が“折れる”ことに通じる。 だから、一度国際資格や国内の資格試験に何度でも不合格している人は、先ずは自分の知識の裾野を広げていくことに気がつけば、おのずから合格できるようになります。

裾野を広げるには、中小企業診断士の学習あるいはREセールスパーソン学習がベストで、これで皆さんの裾野は広がります。 すなわち、多くの人達はこれからの学習で資格学習の基本内容を身につけ、その後、CPA・REブローカー・鑑定・税理士・司法書士など法律・会計・税務に関する試験でも、合格できるようになります。 基本学習の内容が易しいからと言って、無視できないのが資格試験で合格するコツなのです。 どの資格試験でも基本学習をしっかりすれば合格ラインにたどり着くようにできているので、新しい問題を追うことはタブーなのです。 実は、この国際資格の中のREセールスパーソン学習は幅が広く、法律・会計・税関連の資格試験の基礎学習となっています。

国内の中小企業診断士資格試験のようでもあります。 資格試験の問題が毎年新しい傾向に変わろうが、難しくなって行こうが、また、テスト方法が紙の試験からパソコン画面のテストに代わっても、それは表面的な大きな変化ではあるけれど、資格試験の合否に必要な基本線に放っておらず、それらはいつも同じであり、ここ何十年間変わっていません。 その基本を正しく学ぶことが普通、独学ではできないので、このREセールスパーソン学習で短期間に法律・会計・税などの基礎を学び、更に資格試験での合格のコツを身につけることが最良なのです。 そうすれば、日本人でもアメリカの資格取得者になれるのです。

合格日本人が合格できないのはなぜ?

勉強法について:

国内外の資格試験で合格できない人には、共通したところがあります。 どの資格試験でもそうなのですが、ある資格試験で合格しようと思えば、基本的な勉強をしっかりしさえすれば合格できるものを、不合格する人は、自分の人生スタイル・勉強の取り組み方(無駄な基本学習をしようとしない)があるのです。 例えば、最近の傾向(問題)ばかりを追ったり、同じ受験生から情報を収集したり、根本的な所で、不合格者は合格してきた人々と勉強する意味合いが異なっています。 そして、彼らは何度も何度も受験することで、本人も気づいていないのですが、再受験できることの快感と、試験独特の緊張感に酔ってしまっています。

特に、四択一肢では、基本的な学問をたくさんしてきた人には、選択肢がたくさん入っているので、本番ではその中で応用しながら正解を選ぶことができます。 そのためには、色々な勉強をするべきだったのです! 法律系の試験だからと言って、法律ばかりを勉強したり、会計系の試験だからと言って会計だけの勉強を いくら繰り返し学習してみても、それだけでは資格試験で合格するのに十分な基本知識が入っておらず、何度受験しても合格点までには辿り着かないように元来どの資格試験でもそうなっているのです。

これが資格試験のからくりなのです。資格試験ではすそ野(基本学習)が広くない人には合格できないよう になっています。 このように、不合格する人はこれまで基本学習を甘く見てきた傾向にあるので、本番ではその選択肢が少 ないタイプの受験生となってしまいます。 すなわち、不合格の人はこれまでに自分が受けてきた講義・問題集の範囲だけの設問は本番の試験でも得意(正解になる)なのですが、それ以外の問題となると正解にならない傾向になっています。
 
Copy right (c)2008 Kokusaishikaku.com All right reserved.