国際資格 アメリカ国家資格011-81-3-4570-7277 国際資格 アメリカ国家資格www.kokusaishikaku.com 国際資格 アメリカ国家資格English Site
国際資格.com
日本人が取得できる!活かせる!「アメリカ不動産資格の専門学校」 期間限定割引中(RESP講座) 50,000円~
 
海外不動産
 

国際資格 アメリカ国家資格ホーム
アメリカ不動産資格アメリカ不動産資格
REセールスパーソンREセールスパーソン
国際資格 REセールスパーソン資格概要
国際資格 REセールスパーソン学習コース・料金
国際資格 REセールスパーソン体験談①
国際資格 REセールスパーソン体験談②
国際資格 REセールスパーソン体験談③
国際資格 REセールスパーソン体験談④
国際資格 REセールスパーソンFAQ
国際資格 不動産ブローカーREブローカー
国際資格 不動産ブローカー資格概要
国際資格 不動産ブローカー学習コース・料金
国際資格 不動産ブローカー体験談
国際資格 不動産ブローカーFAQ
国際資格 不動産鑑定士不動産鑑定士
国際資格 不動産鑑定士資格概要
国際資格 不動産鑑定士学習コース・料金
国際資格 不動産鑑定士体験談
国際資格 不動産鑑定士FAQ
国際資格 CPA会計系資格
国際資格 CPACPA
国際資格 CIACIA
国際資格 EAEA
海外不動産投資・海外留学コラムほか
海外不動産投資・海外留学国際資格の必要性
海外不動産投資・海外留学取得できる国際資格
海外不動産投資・海外留学資格取得後の就職状況
海外不動産投資・海外留学国際資格学習後体験談
海外不動産投資・海外留学日米不動産の違い
海外不動産投資・海外留学不動産投資知識
国際資格 お問合せお問合せ
国際資格 サイト管理者サイト管理者
国際資格 リンクリンク

国際資格の必要性国際資格の必要性  

変わらない日本 先日まで、日本国内は不動産バブルでした。その主役が外国人投資家でした。
都内の一等地を調べてみたら、そのオーナーがアラビア人、ヨーロッパの企業であったケースが普通でした。そこで注目されてきたのがこの国際資格(アメリカ資格)です。 日本で仕事をするにも、英語の交渉力とドキュメント作成能力が当たり前、グローバル時代になっているの です。一方、地方で代表されるように、これまでと何も変わらない社会と人々はローカル社会です。

今、日本社会はこの二極化時代になってしまいました。 海外のマネー「投資家たち」が逃げていく…これが今の日本の姿。 日本からお金が逃げて行き、どんどんと減っていけばどうなるのか? 自分で作れば(お札の発行)いいじゃないか? そんなことをすればするほど、既にある国債赤字がただ膨れるだけで、本当の解決策にはならず・・・ だから、日本国民はこれからは食べるのも食べずに、着る物も抑え、我慢して生きて行くしかないのだ! こんな日本社会に魅力はあるのだろうか? どんなに頑張ったって、例え、“魚”でさえ水のない所では生きていけないのに…同じ状況が、すなわち、お金のない日本(外国から見て魅力のない投資国)なのである。収入(お金)が毎年目減りしていくこの頃…なんとなく実感できる自分自身の姿…
そして、30歳も過ぎれば、少しは考え始める年金のこと…それでさえも、将来はこの年金さえも当てにできない日本の土地(国)。 大きく眺めれば、資源が全くない、日本人の食べる食料さえも中国大陸頼みの日本、だから、新鮮な野菜・冷凍食品を始めとした「made in CHINA」頼みになってしまった居酒屋チェーン店も、中国の存在で成り立っているのだ。

さて、長期的にみると、2010年以降、国内の多くの企業は利益が出にくい体質となっていきます。 すなわち、海外の投資家たちは、日本独自の会計制度が理解できず、税規制が多いのも災いして、日本  企業の株を買わなくなってくるのです。 そして、日本は世界の金融・株式市場から孤立してしまうかもしれません。 だから、この頃を見計らって、企業自体は今、外国企業と提携したり、海外進出をしています。 これは、数年間は持ちますが、その先が真っ暗です。 これまで日本のメーカーは、中国に進出してきた結果、高い技術力を輸出し、そのツケが回り、これまで 誇ってきた技術など、何もかもがなくなってきています。 だからこそ、これに気付き始めたビジネスパーソンの一部は今、グローバル志向なのです。

日本社会/企業自体は、グローバル時代に向かっていて、その色がこれまで以上に早く進んできます。  
これに乗り遅れないように、ビジネスパーソンの一部は英語力を磨き、国際人の第一歩として国際資格・アメリカのビジネス資格(REセールスパーソンなど…)にチャレンジしています。 これまでにチャレンジしてきたビジネスパーソン達は、既にそれなりにセカンドライフとして新たな仕事先を 見い出し、人生を切り開いています。あるいは、海外にある日本企業関連で働こうとしているのです。 既に、多くの国際資格者は海外で働き始めています。 今や日本の資格は海外(英語圏内)では“無用の長物化”となっているのです。

その国の資格だけが活きてきます。例えば、アメリカ人の警察官(or米国会計士)が日本に来ても、日本では日本の警察官(or日本の会計士)になれないのと同じです。その国の法律を勉強し、その国が認定する資格試験で合格しなければ、一切仕事(就職)ができないのです。 今、英語のわかる会計士・弁護士・不動産マンは、国内外での就職の際、非常に有利なのです。
 
Copy right (c)2008 Kokusaishikaku.com All right reserved.